伊豆の女子旅と初めてのおすすめダイビング

最終更新: 2019年2月4日

まずは東京駅から伊豆の川奈へ向かいます。


熱海まで新幹線もいいけれど、おすすめは踊り子号。伊豆と言えば伊豆の踊子だよね。

ちなみに、伊豆の踊子は小説なんだとか。昔は踊り子さんがいたのかと思ってました。

東京から川奈までは2時間弱、料金は約5000円で到着~。

さっそく、本日のメインイベントであるダイビングをやるために川奈海水浴場へ向かいます。



海水浴場は川奈駅から徒歩15分。伊東駅からもバスが出てるみたい。

海水浴場はいるか浜っていうかわいい名前。

でも、いるかはいないかな、さすがに。

トイレもあるし、監視員もいて安心の海水浴場です。

砂浜ではなく、玉石の海水浴場で、砂がべたべたつかないし、水中もきれい。


早速、ダイビングショップへ向かいます。

ダイビングショップは港に何軒かあります。少し離れたところにもあるみたい。

体験ダイビングに申し込んで、着替えたら、講習です。

陸上で器具の使い方やらなにやらを学んだら、浅瀬で練習。

その後、少し深いところに行きます。

マスクをつけて潜ってみると、ほんとに海がきれい。





青や黄色の魚がたくさんいて感動します。

そして、なんとなんと、ウミガメにも会えちゃいました~。

実は、川奈はウミガメが棲みついている日本でも珍しいスポットで、

かなりの確率で会えるみたいです。

しかも人に馴れているのか、かなり近くで写真まで撮れます。



感動的な体験の後は、お昼まで少し泳いで、港でランチ。

やっぱり海のそばで食べる海鮮丼はおいしいですね~。

ご飯を食べたら、電車に乗って伊豆高原駅へ移動。


本日の宿にチェックインです。

伊豆高原にはオシャレなリゾートホテル、貸別/コテージがたくさんあって宿泊にはおすすめ。

バリ風のホテルでスパやプールでリラックスするのもあり。

私たちはアロマエステをして、カラオケを楽しみました。

食事もビュッフェスタイルのものや地元食材の創作料理を提供しているところが多いです。

翌日は伊東へ向かいました。

伊東には大室山という山があり、山頂までリフトで行けちゃうんです。



山頂からは富士山、箱根、伊東の海と海に浮かぶ伊豆大島が見れる、おすすめスポットです。

伊東には観光スポットがたくさんありますが、

私たちが向かったのはテディベア・ミュージアム。

1000体のテディベアが展示されていて、みていて和みます。

伊東駅周辺でお土産を買ったら帰りの電車へ。

駅前では駅弁も買えるので、駅弁とお酒を買って、帰りの電車で旅の振り返りをしました~。

東京から近いので、次の日にも響かない、素敵な旅でした。

  • Twitterの遊方YUKATA
  • Instagramの遊方YUKATA
  • Facebookの遊方YUKATA
  • トリップアドバザーの遊方YUKATA
  • YouTubeの遊方YUKATA

© 2019 by Sunrise Travelling Company