東京から1時間で別世界へ!伊豆半島1泊2日の旅(伊豆半島のおすすめのアクティビティ・旅行プラン編)

最終更新: 8月8日


東京から新幹線で1時間弱で行ける伊豆半島。熱海駅から車で1時間、最初の目的地「シャボテン公園」に到着。世界中から約1500種類ものサボテンなどをあつめた迫力ある公園。


見たことのないものばかりで新しい発見ばかりだ。お土産にサボテンを買って帰れるのはとても魅力的である。また冬の季節はカピバラ温泉が見れる。とても可愛らしい姿に癒されることだろう。お昼ご飯はシャボテン公園から10分のところにある「伊豆高原ビール本店レストラン」で海鮮丼を食べる。ボリューム満点で大満足である。お腹も満たされたところでそろそろ絶景スポットへ。




車を15分ほど走らせたとこにある「城ヶ崎海岸」。複雑な形の断崖絶壁。海面からの高さ約23メートルのスリル満点の吊り橋は歩くだけでドキドキが止まらない。伊豆の絶景を堪能したらそろそろ宿へ。伊豆半島は温泉がとても有名である。近くに温泉のある宿に泊まるもよし、海が見える宿に泊まるもよし。一日の疲れをしっかりとり翌日に備える。




2日目は下田の観光をオススメする。下田は伊豆半島の先端にあり海と山が織り成す絶景ポイントである。「寝姿山」はロープウェイで山頂まであがることができる。山頂からは下田港、伊豆七島、天城連山が一望できる。次は「下田水族館」へ向かう。イルカと至近距離で触れ合える水族館である。アクアドームペリー号は入江に浮かぶ船でこの船の中には巨大な水槽があり1万点もの生き物が見れる。またイルカショーでみるイルカやアザラシもとても可愛らしい。




名残惜しいがそろそろ帰るとする。いつきても魅力的な伊豆半島。季節により様々な色に変わり身も心も癒されることだろう。




  • Twitterの遊方YUKATA
  • Instagramの遊方YUKATA
  • Facebookの遊方YUKATA
  • トリップアドバザーの遊方YUKATA
  • YouTubeの遊方YUKATA

© 2019 by Sunrise Travelling Company